Read Article

住宅ローン関連の人気書籍をランキングからピックアップしてみました!(2016年4月)

住宅ローンはマイナス金利下でどのような対策をとればよいのか。
日本の状況は混沌としていますよね。

住宅購入前、住宅購入後、ローン返済に行き詰った状況など、住宅ローンにまとわりつく心配はいつの時代も無くなりません。

時代状況をしっかり踏まえつつ情報を多く収集すること。
結局お金を借りる不安を解消するには、知識を獲得する以外にないのではないでしょうか。

自分1人の力で住宅ローン関連の情報する必要はありません。
専門家が書いてくれた書籍を読んでみればよいのです。数多くの本が出ているわけですから、まずは自分の頭に頼らずに専門家の本を読んでみましょう!

住宅ローンの知識がなければ、対面相談などもうまくできないですしね。
住宅ローンのしくみや借り方、ローン地獄の対処法など興味ある方はご覧になってみてくださいね。

住宅ローンの相談を銀行にしてはいけません。

住宅ローンの相談を銀行にしてはいけません。

知らないとヤバい住宅ローンのしくみ
リーマンショックの経済不況の中、昨年末ぐらいから、「住宅ローン難民」という言葉を耳にするようになりました。
「住宅ローン難民」とは、その言葉の通り住宅ローンを返済できなくなり、家を失った人々のことです。
家を失うと言っても――「手放した」というよりは「ムリヤリ住まいを追い出された」つまりは難民なのです。

では、どうして一体この「難民」が急増することに.続きをもっと見る


住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版

◆「老後貧乏」にならないためには、住宅ローンを正しく借りることが重要! !

60歳の定年、55歳の役職定年で、住宅ローンがどのくらい残るかご存じですか?
30代で変動金利35年ローンを組むとローン終了は75歳以降。
「退職金で返済すれば大丈夫」「繰り上げ返済すれば大丈夫」とは言われるものの、
定年時に住宅ローンの残債が多くて、退職金を差し引いたら1000万円も残らないとしたら……。
.続きをもっと見る


住宅ローン地獄からあなたを救う わかりやすい任意売却(発行・本分社)

住宅ローン地獄からあなたを救う わかりやすい任意売却(発行・本分社)

住宅ローン返済に苦しむ方たちを救う不動産業の形態である「任意売却」。
その任意売却を専門とする著者が、これまでの経験と事例をわかりやすく伝えた本。
住宅ローンの返済が困難になると、競売というイメージがあるが、そこへ一石を投じる内容となっている。ともすれば混乱しがちな時に、一つ一つの要素をしっかりとひも解いて説明する構成になっている。.続きをもっと見る








Return Top